×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版のジャンルの中でも特に多いのが、自分史ではないでしょうか? この自分史と言う言葉は、歴史学者・色川大吉が『ある昭和史−自分史の試み』という著作の中で使い始めた言葉だそうです。この作品は、昭和50年のものです。そういえば、昭和50年代に小学生だった私も、国語の授業で「自分史」を書かされたことを思い出します。小学生の自分史ですから、そんなに長い歴史はありません。それでも父や母に生まれた頃のエピソードなどを聞きだしたり、あるいは、自分がよく憶えているエピソードを書いたように記憶しています。

自分史を書く場合、年齢を重ねれば、重ねるほど入れ込みたい内容が多くなってきます。一方で記憶も薄れてきます。さらに自分は分かっていても、他人に分かるように書くことは、意外に大変です。

多くの人が書かれた自分史のほとんどはテーマを絞っています。会社員時代のみに絞ってその時、出会った人とのエピソードのみを綴っても面白いでしょうし、今まで旅行した先の思い出ばかりを写真つきで綴っても相当の分量になるのではないでしょうか? 私の祖父の場合、昭和一桁生まれの人の自分史の多くがそうであるように、昭和16年ごろから始まり、終戦で終わります。

何も「自分史」の全てを書く必要はありません。ある時代のある面だけを書いても、自分らしさは充分表現できます。自分の生きた証として何かを残したいと考えるのは、人間の本質的な欲求だと思います。生きた証を残す一つの方法として「自分史」を書いて本の制作することはとてもよい方法だと思います。

はじめての自費出版「自分史の書き方」より引用しました。

自分史の情報をまとめました

出版2題_
... もうひとつは「こちら特報部」の、 自費出版 を扱う会社の倒産とそれに関わった人たちの怒り。 ブログ の流行もあってか、自分の本を出したい人が増えており ... 「自分史」を本にしたいと、大量ターゲットの出現。奴ら手ぐすねひいて待っていますぞ。 ...
無名
... じゃあ卒寿(90歳)のお祝いは、祖父の自分史を自費出版だ!」と早くも熱くなっていました。 でも、その1年後、祖父は末期がんと診断され、卒寿のお祝いを待たずに天国へ行ってしまいました。私の自費出版のアイディアも、思いつきのまま眠ってしまいました。 ...
9月新刊・その1
... そのため、多くの人が出版を断念したり、やむをえず自費出版に踏み切っています。 では、どうしてなかなか出版社に採用されないのでしょうか。 ... 原稿 ・自己陶酔的な原稿 ・自分史のような原稿 ・抽象的な記述の多い原稿 ・知識をひけらかす ...
2006-03-12
... メルマガ の 原稿 を元に知っている人に編集をお願いして 自費出版 をしようとは考えていた。実際知っている人が 自費出版 をしたということの影響もある。  よほど余裕が ... これは永年勤続者が退職金で自分史を書いて知人に配るのであればいいかもし ...
いつか本になる日まで
... まちまちだが、地方の新聞社の自費出版部門などが  割合、良心的な価格で、本の出来上がりも美しいのでおすすめ。  「自分史」など、文章の面倒まで見てもらえる出版社もある。  費用150万†∞ 「自費出版」(B)  自作の文章を、学校文集や ...
わくわく自分史フェア
アンテリジャンも出展している自費出版のイベントが始まりました。自分史ビデオのサンプルをご覧いただけます。 大阪・堂島の ジュンク堂大阪本店 3階催事場で8月31日まで開催中。私も顔を出しています。
こんなこともある・・・・
... ことあるでしょう? 2006年04月09日(日) 00時00分 自費出版 ある専門会社の倒産 (東京新聞)  多少なりとも表現欲がある人ならば、自分の著書が世に出ることは究極の夢かもしれない。「自分史」ブーム、ブログの流行も影響してか ...
自分の本ができるまで†その1
... 記念に製本しようと考えてるんです^^ それで、自費出版の大手に問い合わせてみたら 100万円強の見積もりがきた! う†ん・・・・ そりゃ ... 滋賀県の民話、闘病生活を書いた自分史など 興味深い作品がいくつもありました。 そして ...
九州で初公開!
... ベストセラー、ロングセラーをかつて放ち、そして自費出版の方向性を見出した彼は、今までの経験と英知で新たな方向性に向かって歩き出しました。 ... いつかは、自分史を出したい。 本についてのことが詳しく知りたい。 出版関係に興味がある。 ...
旧版への感想    4
... 出版については 「自分史」 ということになるので自費出版が良いと思います。確か、・・・・という出版社があったと思います。 ・・・・・にも自費出版部門があるはずです。      1999年9月20日      ( 東大中文先輩    Uさん ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40