×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版のジャンルの中でも特に多いのが、自分史ではないでしょうか? この自分史と言う言葉は、歴史学者・色川大吉が『ある昭和史−自分史の試み』という著作の中で使い始めた言葉だそうです。この作品は、昭和50年のものです。そういえば、昭和50年代に小学生だった私も、国語の授業で「自分史」を書かされたことを思い出します。小学生の自分史ですから、そんなに長い歴史はありません。それでも父や母に生まれた頃のエピソードなどを聞きだしたり、あるいは、自分がよく憶えているエピソードを書いたように記憶しています。

自分史を書く場合、年齢を重ねれば、重ねるほど入れ込みたい内容が多くなってきます。一方で記憶も薄れてきます。さらに自分は分かっていても、他人に分かるように書くことは、意外に大変です。

多くの人が書かれた自分史のほとんどはテーマを絞っています。会社員時代のみに絞ってその時、出会った人とのエピソードのみを綴っても面白いでしょうし、今まで旅行した先の思い出ばかりを写真つきで綴っても相当の分量になるのではないでしょうか? 私の祖父の場合、昭和一桁生まれの人の自分史の多くがそうであるように、昭和16年ごろから始まり、終戦で終わります。

何も「自分史」の全てを書く必要はありません。ある時代のある面だけを書いても、自分らしさは充分表現できます。自分の生きた証として何かを残したいと考えるのは、人間の本質的な欲求だと思います。生きた証を残す一つの方法として「自分史」を書いて本の制作することはとてもよい方法だと思います。

はじめての自費出版「自分史の書き方」より引用しました。

自分史の情報をまとめました

わくわく自分史フェア
アンテリジャンも出展している自費出版のイベントが始まりました。自分史ビデオのサンプルをご覧いただけます。 大阪・堂島の ジュンク堂大阪本店 3階催事場で8月31日まで開催中。私も顔を出しています。
9月新刊・その3
... そのため、多くの人が出版を断念したり、やむをえず自費出版に踏み切っています。 では、どうしてなかなか出版社に採用されないのでしょうか。 ... 原稿 ・自己陶酔的な原稿 ・自分史のような原稿 ・抽象的な記述の多い原稿 ・知識をひけらかす ...
いずれ本を出版したいと思っている方へ
... 意味をこめて無料で配布する本(たとえば自分史) であれば、自費出版や協力(共同)出版でよいと思います。」 矢沢「なるほど」 畑田「しかし、もし全国の書店に並ぶようなメジャーの出版を狙うので あれば、自費出版や協力(共同)出版をしても意味があり ...
自分のブログが書籍化。本格的に作家デビュー???が出来る。
... 自分史やブログの記事を手元に置いておきたい人など自費出版よりずっと費用も少なくてすみます。 これが 「書籍化サービス」 です。 【アメブロde本】 書籍化サービス名:ココログ出版 印刷料金:(モノクロ出力)30ページまで1500円(カラー出力)30 ...
詳細が決まりました
... 読者対象を思い描くことの大切さ † 本屋さん のコーナー分類 自費出版 の変遷 †自らの思いを自費出版に託した先人たち †自分の本を出したくて出版社を興した人たち †自分史の氾濫と自費出版の変質 †共同出版を標榜する出版業者の虚実 †私が ...
自分の本ができるまで†その1
... 記念に製本しようと考えてるんです^^ それで、自費出版の大手に問い合わせてみたら 100万円強の見積もりがきた! う†ん・・・・ そりゃ ... 滋賀県の民話、闘病生活を書いた自分史など 興味深い作品がいくつもありました。 そして ...
はてな、はてなダイアリーブックに縦書き機能
... 自費出版や、自分史を制作したいという ニーズ が増加するなか、簡単、低価格 で本格的な製本がおこなえる はてなダイアリーブック は、益々注目度が高まる ものと考えます。 はてな では ...
自費出版の闇
ボーイズラブの大手「ビブロス」倒産に絡んで、わたしのトピックで自費出版の話題になりました。 自費出版というと、定年間近のサラリーマンが「ひとつ自分史でも出してみるか」と小遣いを使って出版、友人に配るというような“のどかな”光景が目に浮かび ...
エルプラン
... (3) 出版支援業務案内 ・・・自費出版サポート   1.「本を出そう。本を出版してみませんか・・・」      広報誌、機関紙、自分史(詩)、記念誌、小説、エッセイ   2. ホームページの日記を本にしてみませんか?      家族や仕事 ...
自費出版 ある専門会社の倒産
... 「自分史」ブーム、ブログの流行も影響してか、お金を出してでも自分の本を作りたいという自費出版の世界は今、急速に拡大している。しかし、出版社側は著者のその熱い思いをどれほど受け止めているのだろうか。 ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40